表を作成してと文学、誰が8竹竿のかけられない関係だそうです

admin   11/13/2018   表を作成してと文学、誰が8竹竿のかけられない関係だそうです はコメントを受け付けていません。

言う人がいて、この時代に文学を話して、少し石器時代に科学技術の感覚を話します。高速、情報化、かけら化の読む時代の環境の下で、本当に心を静めて一本の本を読むことができる誰があります。私達は地下鉄上でことができて、公衆号、ミニブログを開けて、かけらに似ているのを同じ時間は穴埋めし始めます;短い動画のソフトウェアを開けることができても、ネット友達の砂彫刻が日常で笑い出しを見ます……これは時代の産物で、少しの人また押エの一本の本、坐っていて、立っていてあるいは更に多元の形式でそれを読みに行きます。文学ですか?who cares?’
ここから、“文学”は見たところすでに坂を下りに向かって、それは歴史になくされて隅にありました。中国の文学、いまどきになって、私達の義務教育の中で“国語”のこの基礎の科目を含むので、何人はまた卒業でその後読みを堅持することができますか?文学、私達の生活を離れるのを始めるようで、私達の現代人からだんだん遠くなるようです。中国は現代作家の立場は更にばつが悪くて、自身の苦しい艱苦を創作するを除いて言わないで、大きい環境の下で人々は読む需要について急激に下がって、書くものは見る人はいないで、これはいかなる1つの文学の創造者にとって、すべて打撃です。文学は本当にもうだめですか?
若い世代に話が及んで、中国の新しい青年の人々の評価についていつも評価が一定しません:“彼らがとても過ぎるのがだらけて、不屈の精神がありません”、“旧世代ほど苦しみに耐えない”……文学の領域、まるで私達の熟知した作家も王小波、艾青、が、巴金のそのような旧世代の作家を言うでありません。しかし“少年が正に強いな文のいつもがあって、則国が”が強くて、私達の文学に著しい発展を得たいならば、必ず青年の作家を重視しなければなりません。