488万人民元のロレックス

admin   11/14/2018   488万人民元のロレックス はコメントを受け付けていません。

昨日、@富芸斯競売店PHILLIPSはひとつのめったにないロレックスSea―Dweller海をオークションしてシリーズの原型Ref.を表1665,最終取引価格は70万8500瑞郎、約人民元の488万に達します。

Sea―Dweller海はシリーズ最初前世紀の60年代のロレックスフランスの水中のエンジニアリングComexと米国の軍の側の協力にさかのぼることができますと。深海に適応するために飽和していて潜水して、ロレックスは水の幽霊のシリーズRef.にあります5513の基礎の上で殻の側面を表すに増加新しい特許“ヘリウムの閥に並ぶ”を改装して、しかる後専門的に単独にリストしますRef.5514はComexが使いを供えます。
“列のヘリウムの閥”もシリーズと水の鬼シリーズの区の出張所海になりました。

多くの人はヘリウムの閥とてもハイテクに並ぶと感じて、なんと自動調節が殻の内外の圧力を表すことができて、鏡を表すのが支えられる破れているのを免れます。実はヘリウムの閥の構造に並ぶのがとても簡単で、1つの水をあけるゴムの小屋、1の短い祭の金属バット、1つのスプリングピース、動作原理は家中でとの圧力鍋のバルブでそっくりです。

殻の固有圧力を表して大きいの時、スプリングピースは変形して、金属バットを動かすのは外へ突き出ていて、内部の高圧ガスは機会に乗じて金属バットを通じて(通って)殻のすきまを表しと釈放してあげました。いったん内外の圧力平衡、スプリングピースはもとの状態を取り戻して、自然に金属バットの吸戻しを動かして、ゴムを通じて(通って)閉じ込めて外部の水分を断絶します。