ロレックス前CEOのPatrick Heinigerが亡くなった

admin   11/12/2019   ロレックス前CEOのPatrick Heinigerが亡くなった はコメントを受け付けていません。

月曜日にPatrick Heinigerが亡くなったと発表されました。彼の個人的な葬儀は金曜日にジュネーヴのサンクトペテートル大聖堂で行われます。
Heinigerはロレックスの第三取締役社長で、このスイスのタブメーカーに加入して六年間の商務総監を務めた後、1992年に父Andre J.Heinigerの位置を引き継ぎました。彼の父はロレックスの創業者であるHans Wilsdorfから引き継ぎ、1963年に取締役総経理を務めました。
アルゼンチン生まれのHeinigerリーダーは16年で、2008年に退職しました。20世紀90年代に、彼はロレックスで戦略変革を担当し、縦一体生産に適応し、ブランドと部品の自主権を確保しました。