沛納海の「黒武士」

admin   12/16/2019   沛納海の「黒武士」 はコメントを受け付けていません。

今日は沛納海について話したいです。
労、欧、万国、沛、積家、百年霊、カルティエ、GO、宝パー、真力時などのこのランクは私の一番好きな腕時計です。その中の沛納海はここ数年前と後に何匹か買いました。一つは沛納海のデザインが好きです。もう一つは前の年の起伏を経て、沛納海の全体相場も安定に戻ります。この間、私は1匹の沛納海1441を手に入れました。沛納海1441は陶磁器の殻です。これも私が初めて手にした陶磁器の殻の沛納海です。腕時計は全部黒の陶磁器で作られていますので、民間では「黒の侍」と呼ばれています。今日はスーパーコピー時計N級沛納海の「黒サムライ」のレベルを見てみます。同時に私も古いタイプの321を新旧対照してみます。
沛納海1441
パナ海は新素材の腕時計が多く使われています。セラミックス、炭素繊維、再生チタン、金属ガラスなどです。沛納海1441は全セラミック腕時計で、サイズは44ミリ。1441は沛納海Luminor 1950の殻形を採用し、沛納海のシンボルである護橋を採用し、また、ケース側面は弧型であり、Luminor殻形の長方形の側面とは区別される。現在、沛納海はプロモーション、プロモーションのため、Luminorの殻形とLuminorの1950の殻形のシリーズ区分を薄れさせましたが、Luminorシリーズに統合されました。